弁護士に依頼する理由

 

1 労災保険の申請をサポート

労働災害事故によって、負傷してしまった場合、労災保険の給付が受けられます。

 

ところが、会社(事業主)が労災保険の申請を拒否することがあります。

 

その理由の多くは、①労災保険の保険料を払っていない(労災保険に加入していない)から、②手続を面倒がって嫌がって、③労基署からの調査や行政処分を恐れて、④工事の受注に影響するのを恐れて、などのもっぱら事業主側の都合によるものです。

 

しかし、①労災保険への加入は事業主の義務ですが、仮に事業主がこの義務を怠って労災保険の加入をしていなくても、労働者には非がないので労災保険は使えます(申請があれば給付を受けることが可能です)。

 

また、労災保険の申請は労働者の権利であり、②③④のような理由で事業主が申請を拒否することは許されません。

 

労災隠しなど、事業主が申請に非協力的な態度を示したら、すぐに弁護士にご相談ください。

 

事業主の協力を得られなくても、労災保険の申請は可能なのです。

 

弁護士に相談・依頼することで、迅速な給付を受けることが可能となります。

 

 

2 事業主への損害賠償請求

労災事故が発生した場合、事業主に過失があってもなくても、労働者は労災保険からの給付を受けることができます。

 

労災保険は会社(事業主)に落ち度がなくても、業務中の事故による負傷等であれば一定額を労働者に給付するもので、労働者にとって貴重な制度ですが、労災保険は国が定めた制度として、いわば最低限の補償給付を行うものといえます。

 

そのため、労災保険では給付されない労働者の損害があるのです。

例えば、①慰謝料(入・通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料)や、②事故前収入の100%分の休業補償、などです。

 

労災事故の発生について、事業主にも責任があれば、労働者は労災保険では補償給付を受けられない損害項目である、①慰謝料(入・通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料)や、②100%分の休業損害の各賠償請求を事業主に対して行うことができます。

~参照 労災事故の損害賠償請求におけるポイント

 

この点、その労災事故が、自身のミスに起因するものである場合、あるいは他従業員の操作ミス等による場合、果たして事業主に責任があるのかと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

~参照 よくあるご質問 自分にも過失があるが、労災保険申請や会社に対して損害賠償できる?

 

しかし、事業主には「安全配慮義務」という労働者が安全に労働できる環境を整備すべき義務があります。

事業主がこの義務に違反した場合、その結果生じた労災事故による労働者の損害を賠償しなければならないのです。

 

また、他従業員の過失行為によって生じた損害については、その従業員の使用者である事業主も賠償しなければならないのです。

 

そのため、世の中の労災事故のうち、労災保険による補償給付を受けるだけでは、実は本来受けるべき補償を十分に受けられていないという場合が相当多くあるのです。

 

これまでお世話になっていた事業主に対し、労働者個人が請求し、交渉することはとても勇気のいることです。

そこで、経験豊富な弁護士が全面的にサポートして、事故内容・請求の可否の検討、事業主への請求・交渉を行います。

 

 

3 治療中からのサポート

 

労災事故による負傷後、精一杯の治療を続けたとしても、残念ながら完全には治らないというケースがあります。

例えば、身体に麻痺が残った、身体に欠損が生じた、関節の可動域が狭まった、痛みやしびれが残った、などの場合です。

 

このような場合、主治医に障害給付請求用の診断書を作成してもらい、身体の不具合を後遺障害として、労基署に認定してもらうことになります。

 

労災保険からの給付金にしても、事業主からの賠償金にしても、多くのケースでは、この後遺障害の認定等級(1級から14級、非該当)によって金額の多寡が大きく左右されることになります。

そのため、適正な金額を受け取るためには、この後遺障害等級の認定が極めて重要になるのです。

~参照 労災事故と後遺障害・等級認定

 

そして、この適正な後遺障害等級認定結果を得るためには、適時に、適切な医療機関で適切な治療を受け、適切な画像所見(MRI、CT等)を受けておく必要があります。

 

そのためには、一定の医学的知識を有し、人身傷害分野(労災事故、交通事故等)の経験を積んでいる弁護士から、治療中のアドバイスを受けることが極めて有利です。

 

当事務所では、治療中の段階から、被災労働者の方からのご相談に応じ、適時に適切なアドバイスをさせていただくよう努めております。

~参照 後遺障害等級を適正化するポイント

 

 

4.早めの相談・依頼で安心を

労働災害の補償やその手続きは複雑で、一般の方が理解しづらいとお感じになる部分も少なくありません。

また、ご自身で会社と交渉することは大きなストレスとなりますし、どんな責任をどの程度追及できるどうかについても、判断は容易ではありません。

 

弁護士にご依頼いただくことで、会社側に責任があるのかどうかをより正確に判断し、会社側と対等に交渉することが可能です。

 

また、「弁護士に依頼するかについては未定」という方も、お早めにご相談いただくことで、弁護士はその方の具体的な事情を踏まえたアドバイスができますので、ご不安の解消や、今後の方針を立てるお役に立つことでしょう。

 

労災事故に遭われて、お悩みの方はぜひ一度、ご相談なさってみてください。

ご相談は、電話でもメールでもLINEでも可能で、いずれも無料です。ご相談はこちらです。