会社に対して損害賠償請求をお考えの方へ

労災被労災事故の損害賠償におけるポイント【弁護士が解説】

労災事故に遭われた方への労災保険からの補償

労働者は、使用者(事業主)に労務を提供する対価として賃金(給料)を得て生活しているのですから、もしも怪我をしたり病気にかかったり、あるいはこれらが原因で体に障害が残ったり死亡したりすると、その労働者や家族の生活が立ちゆかなくなります。                                                          >>続きを読む

労災被害に遭われたご本人に代わっての示談交渉も可能です

労災事故損害賠償は、裁判ではなく示談で解決できることも多い

労災事故被害に遭って、元の職場では働くことはできなくなったり、事故後の会社の誠意や配慮のない対応にうんざりして職場復帰の意欲をなくしている方は多くいらっしゃると思います。
このような場合、労災保険からの治療費の給付、休業補償給付とは別に、会社に対して損害賠償請求を行うことができないのかと思うことも多いでしょう。                             >>続きを読む 

自分にも過失があるが労災保険申請や会社への損害賠償請求はできる?【弁護士が解説】

災保険においては、被災労働者が故意に(わざと)負傷、疾病、障害、死亡またはその直接の原因となった事故を生じさせた時には、労災保険の給付は行わないとされています。

しかし、労働災害の発生原因について、労働者自身に過失(落度、ミス)があっても、それをもって労災保険の給付請求が制限されることにはなりません。        >>続きを読む

 

 

関連するページ