他の従業員のミスで労災事故に遭った場合、損害賠償はどうなる?【弁護士が解説】

Q. 他の従業員のミスが原因で労災事故に遭って怪我をした場合、損害賠償の請求はどうすればいいでしょうか?

 

A.このような場合、基本的に事業主に損害賠償請求をすることができます。

 

他の従業員のミス(過失)による事故のために、あなたが怪我を負ったということですから、この場合、他の従業員は不法行為(民法709条)に基づき、あなたが受けた損害を賠償する責任を負います。

 

また、他の従業員を雇用している事業主(会社)は、使用者責任(民法715条)に基づき、他の従業員と同様に、あなたが受けた損害を賠償する責任を負います。

 

この場合、落としてしまった加害者個人の責任と会社の責任は両立し、ほとんどの場合、会社が現実に支払うことになります。

 

なお、このような場合も、労災保険の給付請求を行うことができます。労災保険は賠償責任を負う他者がいてもいなくても、また被災労働者に落ち度があってもなくても、関係なく保険給付を受けることができます。

 

ただし、労災保険からの給付には慰謝料はない、休業給付も100%分ではない、(後遺障害が残った場合の)将来の逸失利益の補償も不十分であるなど、損害賠償に比べて不十分であることが多いのです。

 

このような場合、手続きが複雑になることが考えられますので、まずは弁護士にご相談いただき、どのような請求が可能かをご検討ください。

 

労災事故に遭われて、お悩みの方はぜひ一度、ご相談なさってみてください。

ご相談は、電話でもメールでもLINEでも可能で、いずれも無料です。ご相談はこちらです。