「労災申請をするな」と言われている。どうすればいい?【弁護士が解説】

Q.労働災害に遭ってしまいましたが、 会社から「労災保険の申請をするな」と言われています。

どうすればいいでしょうか?

 

A.労災隠しは犯罪です。必ず労災申請をすべきです。泣き寝入りは重大な不利益を招くおそれがあります。

絶対に労災保険の申請はすべきです。

会社が応じない場合、弁護士に相談しましょう。

 

そもそも、労働災害が発生した場合には、労働安全衛生法という法律上、事業主(会社)は労働基準監督署に報告をする必要があります。

それを怠った場合、刑事責任を科されることがあり、労災隠しは「犯罪行為」です。

労災隠しは、労働者の立場を不安定にし、将来の不安を助長する決して許されないものです。

(参考)厚生労働省サイト Q&A「労災かくしとは何ですか。」

 

しかしながら、現実には、ご質問のように労災保険の申請をするな、などと事業主から不当な要求されることがあります。

 

このような場合でも、労災保険の申請は、労働者が直接行うことができますので、事業主に口止めをされたとしても、申請は行うべきです。

 

事業主の協力が得られなくても申請は可能なのです。

ご自身の立場を守る上でも、労働災害に遭ってしまった場合には、労災保険の申請を行いましょう。

労災隠しのよくあるパターンや対処方法については、こちらをご覧ください。

 

大切な自らの身は自ら守らなければなりません。弁護士はそこに助力することができます。

労災事故に遭われて、お悩みの方はぜひ一度、ご相談なさってみてください。

ご相談は、電話でもメールでもLINEでも可能で、いずれも無料です。ご相談はこちらです。